エンジョウジの道具箱

私のつたない知識でもみなさんのお役にたてば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イラスト体験講座④身体の描き方(正面)

今回は、正面から見た身体の描き方です。

blog5_1.png

1.頭部と肩と腰と足元を描く
 まず、頭部を描いて、肩と腰の位置を決めます。

 首が長すぎず/短すぎず…腰が大きすぎず/短すぎず…描きたいキャラのバランスにあわせてよく描きます。
 8等身キャラの場合、肩の位置は上半身の1/3当たりにきます。

 足の位置を決める時、重心線を意識して、描きます。
 身体全体の重さが足にかかっている…と意識が重要です。

2.胴の輪郭(腰回り)を描く
 腰回りを描いて、胴の太さやウエストを決めます。
 
 胴の太さは頭部とのバランスを見ながら決めます。
 本当にバランスがとれている絵は、腕や脚を描かなくても、この時点でバランスがとれていると思います。

blog5_2.png


3.胸郭と首周りを描く
 胴の丸みを把握するため、胸郭を描きます。
(ここでは描きませんが大胸筋やおっぱいをのせるときのアタリとして必要です。)

 首周りの筋肉(僧帽筋)を描きます。
 首が長く見えないかバランスを確認します。

4.腕と足を描く
 腕を描きます。手首に近づくほど細くなります。
 キャラが筋肉質だったり太ってたりすると、腕の向きは、脇の肉のせいでハの字になります。

 股間は性器があるので、少し下位置になります。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/06(土) 23:05:34|
  2. キャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | イラスト体験講座③身体の描き方(側面)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enjotada.blog.fc2.com/tb.php/7-f2183a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。